有機JAS認証を取得 ケー・イー・シーのデカフェ工場 自社商品発売も目指す

産業廃棄物の処理などを手掛けるケー・イー・シー(本社桑名市蓮花寺1635の5、三浦洋次社長、電話0594・33・3333)は、桑名市で運営するカフェインレス(デカフェ)コーヒーの工場が有機JAS認証を取得した。デカフェの受託加工強化につなげるとともに、自社ブランドのデカフェコーヒー「DECACO(デカコ)」でも有機JAS認証商品の開発を目指す。これを機にSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みにも一層力を入れていく考えだ。

Copyright© SD経営サポート , 2021 All Rights Reserved.